top of page
awal_1920_400.png

Blog

ブログ

中国のライブコマース市場の現状と成功事例、最新トレンド


中国ライブコマース

中国では、2016年にライブコマース元年と呼ばれて以来、市場が急成長を遂げてきました。ライブコマースでの成功事例も増加し、中国企業だけでなく、海外企業もこの市場に参入するようになっています。この記事では、中国のライブコマース市場が引き続き人気を集めている理由と、最新の市場トレンドを紹介します。


目次


中国のライブコマース市場規模

中国のライブコマース市場は2016年から成長を続けており、中国産業研究院による調査では、2022年の時点で3.49兆元(約69兆円、4,800億ドル)に達しています。2023年には3.77兆元までに市場が拡大すると予想されているため、中国のライブコマース市場は今後もビジネスを展開する舞台として大きな期待が寄せられています。


中国でライブコマースが人気の理由

中国でライブコマースが活発に行われているのは、企業とユーザーの両者にとってメリットがあるからです。特に企業の視点から見ると、ライブコマースが人気である理由は以下のようにまとめられます。


・商品のアピールから購入までの導線を設計しやすい

・ユーザーとリアルタイムでコミュニケーションを取れる

・大手プラットフォームが整備されている

・KOL(Key Opinion Leader)を活用したプロモーションが可能

・お得な商品の販売が活発に行われている


販売戦略を立てやすく、売れ筋商品を生み出せる可能性が高いことが中国のライブコマースの魅力です。一方、ユーザーもお得な商品を探したい、双方向のコミュニケーションで疑問を解決してから購入したいといったニーズを満たす場として、ライブコマースを積極的に活用しています。


中国におけるライブコマースの成功事例

中国では国内企業によるライブコマースの成功事例が増加しています。さらに、海外企業による市場参入での成功例も見られるようになりました。ここでは代表的な事例を厳選して紹介します。


淘宝(タオバオ)と「口紅王子」李佳琦のコラボレーション

口紅

中国のKOL(中国におけるインフルエンサー)によるライブコマースの成功事例として有名なのが、淘宝による「口紅王子」李佳琦の起用です。李佳琦は元ロレアルの化粧品販売スタッフとして働いていた経歴があり、化粧品業界で影響力のある人物でした。李佳琦が淘宝のリップスティックのライブコマースに登場した結果、わずか15分間で15,000本もの販売に成功しました。販売員としての優れたスキルが効果を発揮し、爆発的な売上達成とブランディングに成功した事例と言えます。


Appleのライブコマース戦略

アップルスマホ

Appleは独自の切り口で中国のライブコマース市場に参入しました。KOLを起用せず、大幅な値引きも行わなかったにもかかわらず、Appleのライブコマースは130万人ものユーザーから視聴され、1時間で30万の「いいね」を獲得するという成功を収めました。iPhoneを使った動画制作方法やApple Watchの活用法など、専門家が詳しく説明するストーリー性のあるプロモーションが功を奏したと言えるでしょう。


中国のライブコマース市場に参入するコツ


中国ビジネス

中国のライブコマース市場に新規参入するには、中国の文化に合わせてライブコマース戦略を立てることが重要です。ライブコマースではユーザーとKOLの役割を考慮する必要があります。ここでは中国のライブコマースで成功するコツを紹介します。


ユーザーにとって魅力的でお得感のあるイベントにする

ユーザーの視点のイベントとしてライブコマースを開催することが重要です。お得に購入できる、インタラクティブな環境で疑問を解決してから注文できるといった利点は以前から注目されてきました。さらに、商品の使い方や可能性を示したり、疑似体験を提供したりすることで、ユーザー満足度を向上させられます。自社の視点で一方的に売り込むのではなく、ユーザーが納得して購買行動を起こすようなストーリー性のあるイベントに仕上げることが大切です。


トレンドの変化に注意しながらKOLを活用する

ライブコマースのトレンドは常に変化しているため、現状や近い将来のトレンドを的確に捉えて実施することが求められます。新規参入する際には、KOLの活用が有効な手段となります。ただし、KOLを起用したライブコマースのトレンドも変化しています。当初は商品紹介と安売りが基本でしたが、徐々にエンターテイメント性が高まり、近年では穏やかな雰囲気の中でリラックスして視聴してもらうスタイルが生まれています。KOLを活用する際は、トレンドと自社商材の相性を考慮することが重要です。


まとめ

中国のライブコマース市場は、今後も拡大が続くと予想されています。KOLを活用したライブコマースは、爆発的な売上につながる可能性があるため注目を集めてきました。しかし、トレンドは常に変化しています。KOLを起用しないライブコマースでも成功事例が生まれていることに着目すべきでしょう。自社のブランドや商材の特性に合わせた独自の戦略を練り、市場参入を図ることが求められます。中国のライブコマース市場は、参入者にとって大きなチャンスが広がる一方で、しっかりとした準備と柔軟な対応が必要不可欠だと言えます。


アワールについて


アワールの総合サポート

アワールは、中国向けビジネスの多様なサポートを、引き受けている企業です。

・中国からの連絡に対応する窓口担当

・現地担当者との話し合いや調整

・ビジネス課題の洗い出しと解決策の提案

・PMOとしての案件トレース

・中国語を使用した市場調査

・商品やサービスに関連する文章の翻訳

・会議や商談の通訳

・中国語の語学教育

など、中国ビジネスを目指す過程で発生するお悩みの、全面的なサポートが可能です。

親身になって、お客様とともにゴールを目指し、伴走いたします。

中国ビジネスに行き詰まっている方、不安を抱えている方は、ぜひ私たちへお声かけください。





アワールのSNSも是非フォローください

エネルギーとスピード感に溢れる中国ビジネスに関する話題をお届けいたします。




関連記事


Comments


アワールと一緒に、中国市場への第一歩を
踏み出してみませんか?

看板_chara.png
語学教育_chara.png
bottom of page