top of page
awal_1920_400.png

Blog

ブログ

中国で人気のSNSランキング


SNSを使用している女性

SNSは日常に根差したコミュニケーションツールとして世界中で使われています。中国でもSNSはプライベートとビジネスの両方で広く活用されています。中国とビジネス展開をするためには、中国で人気のSNSを利用してつながりを持つことが重要です。この記事では、中国で人気のSNSを紹介します。


目次


QQ


中国で代表的なSNS


SNSを使用する人たち

中国では情報セキュリティ対策が国家的に進められており、使用できるSNSが限られています。世界的に普及しているFacebookやInstagram、Twitterなども規制を受けているのが現状です。そのため、中国では以下のような自国発のSNSが主に使用されています。


アルファベット名

漢字名

種類

Wechat

微信

チャット

QQ

腾讯

チャット

Douyin

抖音

動画

Kuaishou

快手

動画

Bilibili

哔哩哔哩

動画

Weibo

新浪微博

ソーシャルメディア

RED

小红书

ソーシャルメディア

RED

知乎

Q&A

Dazhongdianping

大众点评

口コミ

Douban

豆瓣

口コミ

Baidu Tieba

百度贴吧

書き込み

中国におけるSNSの人気ランキング

中国で人気のあるSNSについて、Maigooなどの中国国内の企業が調査結果を公開しています。ここでは、中国SNSの中で人気が高いものをトップから順に紹介します。



WeChat(微信)

WeChatは、登録した友だちとチャットや音声通話ができるLINEのようなメッセンジャーツールです。中国では最も主流なSNSで、ビジネスでも活用されています。当初はチャット機能が中心でしたが、モーメンツ機能で気軽に投稿して情報をシェアしたり、マーケティング機能が追加されたりして高機能化しました。決済機能やショッピング機能などもあるため、ビジネスと個人のコミュニケーションの舞台としても人気があります。


Douyin(抖音)

Douyinは、中国国内で人気のショート動画配信SNSで、グローバル版がTikTokです。日本でもTikTokが若い世代を中心に人気がありますが、中国国内のユーザーはDouyinを利用しています。中国では動画の投稿・シェアや動画マーケティングでDouyinが広く利用されています。ビジネスアカウントでライブコマースを行うことも多く、ビジネスの販促や販売に活用されています。


QQ

QQは、1999年に開始されたチャット式のSNSで、2011年にリリースされたWeChatよりも歴史が古いです。WeChatに比べるとシェアは低いですが、QQは複数のアカウントを作成できる特徴があり、アカウントごとに友だちグループを分けて利用します。QQは、主にプライベートでのコミュニケーションに使われることが多いSNSです。また、QQ Walletによる電子決済やQQ空間による情報共有機能もあり、ビジネスでも活用されています。


Weibo(新浪微博)

Weiboは、ミニブログ形式で情報発信できる中国最大のソーシャルメディアです。短い文章で情報発信を行い、お互いに「いいね」をし合うコミュニケーションの場になっています。Weiboは中国ではX(旧Twitter)のような存在で、有名人やインフルエンサーの発言力が大きいSNSです。情報の拡散力が優れているため、多くの企業がマーケティングに利用しています。


中国でのSNS運用状況について知っておきたいポイント


SNSを使用している女性

中国でSNSは一般にどのように運用されているのでしょうか。ここでは、SNSを活用する上で押さえておきたいポイントを紹介します。


SNSの種類が豊富で併用されている

中国ではSNSがチャット、ソーシャルメディア、動画、口コミなどに分類されます。タイプの異なるSNSを使い分けているのが特徴です。例えば、プライベートの連絡にはQQ、仕事のつながりにはWeChat、動画による情報の収集や発信にはDouyinといったような使い分けがされています。中国でビジネスにSNSを取り入れる際は、個々のSNSの性質を理解し、どのSNSを使用するかを考えることが大切です。


SNSマーケティングは活発に行われている

日本と同様に、中国でもSNSがマーケティングに積極的に活用されています。WeChatで公式アカウントから情報発信や広告出稿を行ったり、Douyinでプロモーション動画を配信したりするのが典型例です。中国のSNSではインフルエンサーも活躍しています。インフルエンサーマーケティングによって、新規参入でも市場を獲得できる可能性があります。SNSは中国でのビジネスチャンスを広げるツールとして欠かせない存在です。


まとめ

中国では情報統制の影響で、SNSの活用に独自の特色があります。WeChatやDouyinが中国で主流のSNSです。中国のSNSは種類が豊富で、複数のSNSを併用している人が多いのも特徴です。また、SNSはマーケティングにも頻繁に活用されています。中国でビジネスを展開する際には、マーケティングツールとしてSNSを積極的に利用しましょう。


アワールについて

アワールの総合サポート

アワールは、中国向けビジネスの多様なサポートを、引き受けている企業です。

・中国からの連絡に対応する窓口担当

・現地担当者との話し合いや調整

・ビジネス課題の洗い出しと解決策の提案

・PMOとしての案件トレース

・中国語を使用した市場調査

・商品やサービスに関連する文章の翻訳

・会議や商談の通訳

・中国語の語学教育

など、中国ビジネスを目指す過程で発生するお悩みの、全面的なサポートが可能です。

親身になって、お客様とともにゴールを目指し、伴走いたします。

中国ビジネスに行き詰まっている方、不安を抱えている方は、ぜひ私たちへお声かけください。



アワールのSNSも是非フォローください

エネルギーとスピード感に溢れる中国ビジネスに関する話題をお届けいたします。



関連記事

Commenti


アワールと一緒に、中国市場への第一歩を
踏み出してみませんか?

看板_chara.png
語学教育_chara.png
bottom of page