top of page
awal_1920_400.png

Blog

ブログ

【要注意!】中国ビジネス展開での失敗例3選


中国ビジネスで悩む人たち

中国向けにビジネス展開を進める中小企業が増えています。

その一方で、方法が分からず失敗してしまった……というケースも多くみられます。


中国ビジネスを成功に導くには、注意するべき点がいくつかあります。

実際にあった失敗例を参考に、正しい方法でビジネスチャンスを掴みましょう。


目次




【失敗例1:相手に響かない通訳・翻訳】

寄り添う翻訳

中国向けビジネスサポートを展開している業者の多くが、商品説明文やホームページ文章の翻訳、問い合わせ内容の通訳、といったサービスを提供しています。この時、ただ訳しただけ、という文章や通訳になるケースが多く、相手へ響かないケースが少なくありません。


・通訳や翻訳の解釈が間違っている

・翻訳ソフトを使用して、文章を作成しただけ


というケースもあります。このような文章では、中国の消費者に届く内容になりません。


中国向けビジネスで、通訳者や翻訳者の手を借りるなら、


・中国人の気持ちをよく知る業者

・パートナーの仕事を理解し、心から応援してくれる業者

・中国人購買層が買いたくなる、利用したくなる文章を書ける、訳せる業者


このような業者を選びましょう。


【失敗例2:中国のニーズを把握できていない】

中国の消費ニーズ

売りたい商品やサービスが、中国人向けでない場合、現地でビジネス展開しても、売上につながりません。商品自体に魅力や価値があっても、中国人が見たときに理解できないパッケージだったり、興味が湧かない広告だったり、という例もあります。


中国向けにビジネスをはじめるなら、どのような商品やサービスが現地で求められているのか、事情にくわしいビジネスパートナーが必要です。中国のニーズをリサーチして、現地で受け入れられるローカライズ化をした上で展開できると、失敗を未然に防げます。


一例ですが、日本で人気の化粧品が、中国で売れないケースがありました。この商品を、中国のメイクトレンドに合わせた商品に切り替えたところ、売上につながった、という話があります。


このように、現地で愛される商品やサービス作りが、中国ビジネス成功の鍵になります。


【失敗例3:文化やマナーを理解できていない】

中国のビジネスマナー

中国の文化やマナーを理解できていないと、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

現地のビジネスマナーを知らず、担当者に悪い印象を持たれてしまった、という場合、せっかくのチャンスを逃してしてしまいます。


日本では当たり前の行動が、中国人にとっては不快だったり、非常識だったり、というケースが多くあります。


・名刺交換の流れ

・メールの送信内容

・電話での適切な対応

・担当者と食事をする際のマナー

・話題にするべき会話。避けるべき会話


など、中国向けのビジネスマナー、中国の文化を把握しておくと、販路開拓や担当者との関係作りに役立ちます。


商品やサービスの良さを伝えるだけではなく、中国向けの対応も身につけて、ビジネス成功につなげましょう。


【失敗しない中国向けビジネスはアワールへ】


アワールは、日本のことも中国のこともよく知るスタッフが運営している、ビジネスサポート業者です。中国の文化、中国のニーズを理解した上で、必要なコンサルティング、通訳・翻訳を提供いたします。


中国向けビジネスで失敗されたくない方は、ぜひお気軽にご相談ください。


ご相談者様の展開されたい商品、サービスにどのくらいニーズがあるのか、中国向けにローカライズするべき点はどこか、どのような点に注意して事業を進めるべきか、ていねいにアドバイスいたします。


中国ビジネスをトータルサポートできる私たちと一緒に、成果につながる中国ビジネスをはじめましょう!



関連記事




アワールのSNSも是非フォローください

エネルギーとスピード感に溢れる中国ビジネスに関する話題をお届けいたします。




Σχόλια


アワールと一緒に、中国市場への第一歩を
踏み出してみませんか?

看板_chara.png
語学教育_chara.png
bottom of page